LEDのことを知ってもっと活用法を広げよう!

LEDは普通のものと何が違う?LEDの利点を知る!

すっかり私たちの生活の中でおなじみになったLED照明ですが、どこが今までの蛍光灯などと違うのでしょうか。1番の違いはその寿命です。一般的な蛍光灯などの約4倍、白熱電球に比べると約40倍もの寿命になります。その理由はLEDに使われている半導体は熱をほぼ出さないからです。熱量が多いほど素材にかける負担が大きくなり寿命が短くなってしまいます。他にも点灯と消灯の繰り返しに強いという点も長寿命の要因の1つです。

色んな所で活躍中!LED使用に適したシーンとは!

現在ではLEDの適性を活用し、様々な所でLED照明は使われています。長寿命を活かし、なかなか取外しの出来ないトンネル内やドームの天井などに使われることが多くなってきました。その他、長時間継続して使うことの多いパソコンやテレビなどの機器にもLEDは採用されています。さらにLEDには色温度を選べるというメリットもあります。青色発光ダイオードの開発により光の3原色を表現することが出来るようになり、薄い青、黄緑などの色を1つの照明で表現できるようになりました。その適性を活かして、アパレルの店舗やカフェなどの間接照明で雰囲気づくりを演出するためにLED照明を使う所もあります。

おしゃれなLED照明で、生活を華やかに!

家庭用のLED照明にもインテリアとして使えるおしゃれなものがたくさんあります。ダイニングを照らすバーの様なLED照明や、和の装飾の中にLED照明を入れた日本ならではのものなど、色の表現の自由度の高さを生かしたものがたくさんあります。熱量が少ないという事もインテリアとしてのLED照明の可能性を広げています。木製のインテリアの中にLED照明を入れて間接照明にするなど今までにはないものが次々と生み出されています。

ledは広範囲を照らすことを苦手としていますが、ledパネルはその弱点を解消してくれ、広範囲を明るく照らすことができます。