どうやって対応する?スマートフォン向けWebサイトの作成方法!

Webサイトのスマホ対応は必須課題?

いまや多くの人々が所有しているスマートフォン。通話のみならず、インターネットを閲覧するための機能も備わっているため、スマホでネットサーフィンを行う人も少なくありません。これまでネット閲覧の主流だったパソコンと比べると、スマホは操作方法も画面幅も異なります。Webサイトの管理者は、スマホでも快適に閲覧できる環境を整えておくように心がけましょう。

単純明快!管理を分けて表示を最適化しよう!

スマートフォンに対応する方法のひとつは、パソコンとスマホで別々のサイトを作成してしまうことです。パソコンであれば大きな画面幅を活用して、開放感のある自由なデザインに。スマホであれば小さな画面でも見やすいように、適度に余白を確保して窮屈さを感じさせないデザインに。それぞれの特徴を把握したうえでサイトの構成を考えることで、両方に最適な閲覧環境が提供できるようになります。欠点を挙げるとすれば、サイト作りの負担が二倍になってしまうので、手間が増えるという点でしょう。

難しいけど管理は楽!レスポンシブデザインを作ろう!

もうひとつの方法は、さまざまな画面幅に対応できるレスポンシブデザインとして、サイトを作成することです。レスポンシブデザインは画面の大きさに合わせて見た目が伸縮するような仕組みになっており、作成するサイトはひとつだけで済むのが魅力。手間も増えずに管理も楽になりますが、常にパソコンとスマホの両方を意識しながらデザインを考えなければならないため、作業が少し複雑になるのが欠点と言えます。

先に紹介した方法とこちらの方法、どちらもメリットとデメリットが存在するので、自分の能力に合うほうに挑戦してみてください。

スマホサイトとは、スマホでの閲覧に特化したサイトです。スマホで閲覧する際に見やすいように、画面サイズなどが設定されています。