初心者必見!管理しやすいCSSを実現する方法

ブラウザの差異をなくして管理しやすく

ブラウザにはユーザーエージェントスタイルと呼ばれる装飾のためのスタイルが備わっています。そのため、何のスタイルも指定していないHTMLドキュメントでも、h1タグの文字が太く大きく表示されたり、ul要素などの各リスト要素の横に黒丸が表示されたりするのです。これは一見便利な機能でもありますが、ブラウザの種類やバージョンによっても定義されているスタイルには差異があるため調整が必要になるのが通常です。しかし、ブラウザやバージョンごとの調整には多くの時間がかかります。そこで便利なのがリセットCSSです。リセットCSSは、その名の通り各要素に指定されているスタイルをリセットすることができるCSSです。ユーザーエージェントスタイルがリセットされるぶん一からスタイルを定義する必要がありますが、ブラウザごとの調整は少なくて済みます。また、ブラウザの差異をなくすための方法としては、ノーマライズCSSを利用する方法もあります。ノーマライズCSSは、ユーザーエージェントスタイルの有用なスタイルはリセットせずに、ブラウザ同士の差異を埋めるためのCSSです。

セレクタの詳細度に気を付ける

実際にCSSを書いていく際には、セレクタの詳細度を考慮することが重要です。詳細度とは、どのセレクタのスタイルを優先させるかを決めたルールです。CSSを書いているとスタイルの上書きが必要な場面も出てきます。そんなときに、詳細度が高いidセレクタを多用しているとスタイルの上書きが難しくなります。そのため、スタイルの指定にはclassセレクタをうまく活用して、子孫セレクタの使用も必要最小限にすることが重要です。

コーディングは、コンピュータでプログラミング言語を使ってソースコードを作り、プログラムを書くことです。