iphoneが壊れた!そういう時はどうすれば良い?

iphoneの修理方法はいくつかある!

iphoneが壊れてしまった時、修理する方法はいくつかあります。まず、一番最初に思いつくのが、正規のお店で修理する方法ですよね。自分が使っているiphoneを購入したお店に持っていけば、正規のルートでしっかりと修理してくれます。

もう一つの方法が、非正規のお店に修理を依頼する方法です。意外とこういった業者は多く、身近に正規ショップがないという方は、非正規の業者に修理を依頼する場合も多いですね。どちらにするかは、まずそれぞれのメリットデメリットを把握して、自分に合った方法を選ぶと良いですよ。

正規店を非正規店はどちらが良い?

正規のお店で修理するのと、非正規のお店で修理するのでは、修理費用や修理期間が変わってきます。まず、正規のお店で修理する場合ですが、保証プランに入っているかどうかでも料金が変わりますね。保証期間内なら、無料、もしくは安い値段で修理する事も可能です。しかし、保証に入っていない場合には、高額の費用が掛かる場合もあります。修理期間ですが、非正規店に比べると長い傾向がありますね。

一方非正規店の場合は、修理費用が安い事が多いです。それもあって、最近は正規店ではなく、非正規のお店で修理するという人も増えています。また、修理期間も短く、修理内容によっては当日中に直してくれるという所もあるんですよ。安い上に修理も早いという、メリットの多い修理方法ですね。

こう聞くと、非正規のお店の方が良いのでは?と思うかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。というのも、非正規のお店で修理した場合、その後は正規の保証が受けられなくなってしまう場合があるからです。その点だけには、注意するようにしてください。

iPhoneの画面修理はiphoneの公式修理ショップで直すことができます。また非公式のショップでは保証がききませんが割安で直すことができます。