インターネットによるプライバシー侵害の責任

インターネット上でのプライバシー侵害とは

プライバシーの侵害とは私生活上の事実の中で本人が第三者に知られたくないと考える事実を無断で公表する事です。氏名や年齢や住所だけの情報でも不特定多数の第三者に公表する必要のないものなので、公表された事で直接的な不利益がなくてもプライバシーの侵害にあたります。

過去の経歴等知られると場合によっては本人に不利益になる情報などを公表して社会的な評価を下げた場合も当然プライバシーの侵害にあたります。これはインターネット上でもそれ以外の場所でも同じように適用されます。

インターネット上のプライバシー侵害の責任

プライバシー侵害は刑法によって正面から罰する法律はありませんが、プライバシー侵害の中でも社会的な評価を低下させた場合は名誉棄損罪が適用されます。そのためプライバシー侵害はどんな内容であっても刑法上の責任がない訳ではありません。

刑法上で名誉棄損罪にあたらない場合でもプライバシーの侵害に該当する行為が認められれば民法上の不当行為となるので、損害賠償請求を受ける事になります。損害賠償の額は一律で決められている訳ではなく、プライバシーの侵害を受けた人が実際に受けた損失の度合いによって変わります。

インターネット上でのプライバシー侵害では特定の掲示板やホームページに他人の名誉を傷つける内容が書き込まれるケースが多いです。これらの書き込みはユーザーが行っていて、管理者は関与していない事も多いです。日本の国内法では書き込んだ本人ではなく、管理者に民事上の責任が発生する事があります。

一口にシュレッダーと言ってもいくつかの種類があります。最も簡単なものは、刃を手で回転させます。電動のものでも、紙を縦にカットするだけのものと、横にもカットしてより細かくするものとがあります。